ニキビ跡について

大好評!

ニキビ跡について

ニキビって一度出来てしまいと厄介ですよね。

 

初期段階ならまだしも、大きくなってしまったら一週間は綺麗にならない。

 

さらに厄介なのが、ニキビ跡。

 

せっかく治ったと思ったのにニキビ跡として残ってしまっては綺麗な肌に戻るまでにより一層時間がかかってしまいます。

 

ニキビは綺麗に治せばニキビ跡になることもなく完全になくなります。

 

しかし多くの場合は多少なりともニキビ跡として残り、次第にニキビ跡も消えて、元の綺麗な肌状態へと戻るでしょう。

 

ニキビが出来てしまったときは、今後ニキビ跡に発展するかどうかも考えながら治すようにしてください。

 

 

ニキビ跡の種類

 

ニキビ跡にはいくつかの種類があります。

 

一般的なものから過度に悪化したものまれ治し方も全く違います。

 

色素沈着

 

一般的なニキビ跡は、色素沈着に分類されるのではないでしょうか。

 

ニキビは怪我みたいなものなので、治った後に赤や茶色くシミになって残ります。

 

これが、ニキビの後にできる炎症後色素沈着。

 

基本的に肌表面が赤や茶色になるだけで表面はつるんとしていてます。

 

そのままの状態でも一週間から二週間ほど肌荒れが起きることなく普通の状態を保っていれば、綺麗になくなるでしょう。

 

赤色だと消えやすいですが、茶色く濃く沈着した場合はなかなか治らずに苦労するかもしれませんね。

 

短期間で治る跡ではありますが、酷い場合は一年以上改善しない場合もあります。

 

しかしこの状態はメラニンの刺激を受けやすいので、日焼けをすると跡が消えにくくなってしまうので注意をしてください。

 

早く治したい場合は美白系スキンケアを使う、ビタミンC誘導体配合のスキンケアやビタミンCサプリメントを摂取する、ピーリングを行う等が有効です。

 

なかなか改善しない、どうしても治らないという場合は、皮膚科等でレーザー施術やハイドロキノンの処方を行ってもらうと良いでしょう。

 

一番簡単に消える、けれども一番起こりやすいニキビ跡の種類です。

 

クレーター

 

通常のニキビではクレーターにまで発展はしません。

 

ニキビが出来た部分をほじくって悪化させたり、同じ部分に何度も赤ニキビが出来ていると皮膚が大幅なダメージを受けてクレーターになってしまうかもしれません

 

この状態は、肌が大きなダメージを受けてしまったせいでコラーゲン組織が破壊されてしまい凹っと肌がへこんでしまった状態のことを言います。

 

クレーターになってしまったニキビ跡は、自宅の治療では改善することが出来ないでしょう。

 

もし治したい場合は皮膚科等で治療を受けるようにしましょう。

 

普通にニキビを治していれば、クレーターになることはありません。

 

ニキビが出来たら必要以上に触らない、悪化するような行動をとらない、そして、肌に良いスキンケアを心がけることでクレーターを回避することが出来ます。

 

ケロイド

 

ほとんどのニキビはケロイド状態のニキビ跡にまで発展することはないでしょう。

 

しかし中には赤く盛り上がった凸状態のニキビ跡になってしまう可能性があります。

 

ニキビが悪化しすぎたせいで皮膚が再生するときにコラーゲン繊維が過剰に作られたときに、ケロイドとして現れます。

 

こちらもクレーター同様自宅では改善することが出来ません。

 

皮膚科でもステロイド注射やレーザーなどで改善することが殆どです。

 

とても目立つニキビ跡なので、極力ケロイドのように発展しないように注意をしながら改善をしてください。

 

 

ニキビが治ったからといって油断しないで!

 

ニキビを綺麗に治すためには、ニキビ跡にならないようにケアをする必要があります。

 

また、ニキビが治ってからもしっかりとケアをすることで早い段階でニキビ跡も治したり、ニキビ跡が出来ないように目立たないように改善することも可能です。

 

せっかく綺麗にニキビが治ったとしても、再発したりニキビ跡が出来たりしたら最悪ですよね。

 

徹底したスキンケアでニキビ跡が出来ない綺麗な肌を作りましょう。

 

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!