夜更かしをすると肌荒れが起こる?

大好評!

夜更かしをすると肌荒れが起こる?

よく、「夜更かしをすると肌が荒れる」「ニキビが出来る」なんて言われていますよね。

 

荒れた肌を元に戻すためには睡眠が必要です。

 

しかし、一定時間の睡眠さえあれば肌の修復が行われるので、夜更かしをしても一定時間の睡眠を取っていれば肌は荒れないのでは?と思う人も多いでしょう。

 

実際に、芸能人は不規則な生活スタイルで深夜の仕事も多いでしょうが、綺麗な肌を保っている人も多いです。

 

では、本当に夜更かしで肌荒れが起こったりニキビが出来たりするのでしょうか。

 

 

夜更かしをするとニキビが出来易くなる

 

夜更かしをするとニキビが確実にできる。という訳ではありませんが、ニキビが出来易くなるというのは事実です。

 

これには3つの理由があります。

 

肌のターンオーバーが乱れやすくなる

 

肌は定期的にターンオーバーが行われていて、そのおかげで定期的に新しい肌に生まれ変わっています。

 

古い肌のままでは汚れもたまりやすく肌荒れも起こりやすい状態となってしまうでしょう。

 

夜にしっかりと睡眠を取らなければ、ホルモンバランスが乱れてターンオーバーも正常に行われなくなり、肌状態が悪化します。

 

また、皮脂詰まりや毛穴の広がりも行われやすくなり、ニキビが出来易い状態となってしまうでしょう。

 

肌が乾燥しやすくなる

 

しっかりと睡眠を取らなければ、日中に食事やスキンケアから摂取した栄養分が肌にまで行き届かなくなってしまいます。

 

このせいで肌の潤いが不足し、乾燥しやすくなり、ニキビに発展してしまう可能性があるのです。

 

大人の女性のニキビの原因は、乾燥も多いといわれています。

 

せっかくサプリメントやスキンケアから摂取した栄養をきちんと肌まで届けるためにも、しっかりと夜間に睡眠を取るようにしましょう。

 

肌の免疫力が低下する

 

ターンオーバーが正常に行われなかったり乾燥すると、抵抗力が下がってしまいます。

 

このせいで、ニキビの原因となる炎症や細菌を防ぐことが出来なくなってしまい、ニキビが出来易くなったり、ニキビが悪化しやすくなってしまうでしょう。

 

免疫力はとても大切です。

 

夜にしっかりと眠って体を休めなければ、抵抗力が弱まって肌荒れしやすい状態となってしまうでしょう。

 

 

ターンオーバーは肌を綺麗に保つためにとても大切なことです。

 

ターンオーバーを正常化させるだけでもニキビが出来にくい、ニキビを治しやすい環境を整えることが出来ます。

 

いくら8時間眠っても、日中に眠る8時間睡眠ではホルモンバランスも乱れてしまいますし十分な栄養を吸収することもできないでしょう。

 

人の成長ホルモンが分泌されるのは夜10時から深夜2時の間とも言われていますし、この時間帯に睡眠を取っていなければ必然的に肌は荒れやすくなってしまいます。

 

綺麗な肌状態を保つためにも、夜はきちんと睡眠を取るようにしましょう。

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!