ニキビのクレータを効果的に治す方法

大好評!

ニキビのクレーターを改善するピーリング・・自宅でやる?それとも皮膚科が効果的?

ニキビのクレーターは、肌の真皮層にまで炎症のダメージが及ぶことでできてしまいます。

 

色素が沈着してしまっただけのニキビ跡であれば、肌表面の細胞が生まれ変わるターンオーバーを繰り返すことで、少しずつ目立たなくしていくことができます。

 

しかし、クレーターの場合には真皮層にまでダメージが及んでしまっているため、肌表面を綺麗にするターンオーバーだけではなかなか治すことができないのです。

 

 

ニキビのクレーターを改善する方法のひとつとして、「ピーリング」があります。
ピーリングとは、古い角質を取り除くことで、肌の再生力を上げる治療方法です。

 

皮膚科などで行われているケミカルピーリングは、フルーツ酸などを利用して安全に角質を取り除いていきます。
肌の再生力を上げることで、通常のターンオーバーだけでは治りにくい肌の凸凹を改善していくのです。

 

ピーリングは、皮膚科に行かずに自宅で行う方法もあります。
市販でピーリングジェルが販売されており、自宅でも手軽にピーリングを行うことができるのです。
とはいえ、自宅でのピーリングの効果は、皮膚科で行われているピーリングよりも小さいものであると考えられます。

 

 

ピーリングを簡単に説明すると

 

保湿

 

ピーリングという言葉を初めて聞いた人のために、まずはピーリングについて簡単に説明していきます。

 

ピーリングは、肌の表面に溜まっている古い角質を取り除き、肌の再生力を上げようというケア方法です。

 

ニキビのクレーターは通常のターンオーバーではなかなか消えないため、ピーリングをして肌の再生力を上げ、ターンオーバーを活性化させるのです。

 

ピーリングをするときには、ジェルや専用の薬剤を肌に塗り、ポロポロと古い角質を落としていきます。
ピーリングを終えた後には肌が明るくなったことを実感できますし、実際にターンオーバーが活性化されていきます。

 

ただし、ピーリングにはデメリットもあります。
ピーリングをして古い角質を取り除いた後には、どうしても肌のバリア機能が低下してしまうので、肌が刺激に弱い状態になってしまいます。

 

乾燥しがちになってしまったり、紫外線によるダメージを受けやすくなってしまうので、アフターケアを徹底して行っていくことが大切です。

 

肌を綺麗にするためにピーリングをしたのに、逆に肌荒れを引き起こしてしまっては大変です。
しっかりと保湿を行い、外出するときに日焼け止めを塗るようにしていれば大丈夫です。

 

 

自宅・皮膚科、どちらがおすすめ?

 

ニキビのクレーターを治すためにピーリングを行おうと思ったら、自宅でセルフケアをするのと皮膚科で治療をしてもらうのとでは、どちらが良いのでしょうか。

 

自宅でピーリングをする場合には、市販のピーリングジェルやクリームを使うことになると思います。
ジェルやクリームを顔に伸ばすだけで簡単に角質を取り除けるので、お金もかからずコスパが良いように感じるかもしれません。

 

しかし、市販で売られているジェルやクリームは、皮膚科で使用しているものよりも低刺激なものが多いです。
そのため、皮膚科に比べると、ピーリングで得られる効果は小さいと考えられます。

 

誤った方法でピーリングをすることで、逆に肌を悪くしてしまう可能性もあるため、しっかりとクレーターを治したいなら皮膚科に行ってみたほうが良いかもしれません。

 

 

皮膚科で行うピーリングは、フルーツ酸の力を利用しているものが多いです。
自宅で行うピーリングよりも高い効果を得られるため、クレーターが治るまでの期間も短いかもしれません。

 

ただし、皮膚科で行うピーリング治療は、1回の施術だけでは済みません。
効果があらわれるまで何度か通院しなければいけないので、お金と時間がかかることを覚えておきましょう。

 

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!