ストレスがワキガ臭などの体臭を悪化させるのは本当?

仕事場や学校、近所付き合いでの人間関係などでストレスが増えてしまうことがありますし、家庭内で何らかの形でストレスを感じてしまうこともあります。

何気ない日常の中で誰でもストレスを感じているのですが、そのストレスが増えると厄介なことに繋がってしまいます。

それは、ストレスによって体臭がきつくなることです。

ストレスが増えるとどうして体臭がきつくなるの?と思う人も多くいるでしょう。

確かにストレスは感じるものなので体臭にまで悪影響を及ぼすとは考えられません。

しかし、ストレスと体臭には深い関係があるとされており、ストレスによって自律神経が乱れてしまうと内臓機能が低下して、体内に排泄物や臭いの元となる物質が留まってしまい体臭になってしまうのです。

臭い物質などが血液に混じって全身に行き渡ってしまい、個人差はありますが様々な部位から臭いを発生させてしまいます。

ストレスを増やすような環境で働いている人や生活している人は上手くストレスを解消していかないと体臭がきつくなっていきますので注意してください。

ストレスとは?

ストレスを感じると胃が痛くなる人もいるでしょう。

これはストレスが体に与える影響の一つで、ストレスを感じることによって胃の機能が衰えて消化不良を起こしてしまいます。

その消化不良によって食べたものをしっかり消化できず、そのまま胃の中に留まって発酵してしまう場合があります。

この時に卵が腐ったような硫黄臭が発生してしまい、口臭や体臭として体外に排出されます。

また、腸は神経や血管がたくさん通っており、胃と同じようにストレスの影響を受けやすくなっています。

ストレスによって腸の機能が低下してしまうと、コントロールがきかなくなって排泄物が腸内に滞ってしまいます。

いわゆる便秘というものになってしまうのですが、腸に排泄物が溜まってしまうと腐敗が起きたり発酵して臭い物質が発生し、その臭いが腸に吸収されて血液に混じり、全身に行き渡って体臭となってしまうのです。

肝臓はストレスを感じることによって機能が低下し、アンモニアを分解できなくなってアンモニア臭を発生させてしまいます。

それに、分解する酵素が作用しなくなるとトリメチルアミンという物質が残ってしまい、それが魚が腐ったような生臭いにおいとなって汗や呼気から臭ってしまいます。

このようなことからも分かるように、ストレスは内臓に悪影響を及ぼしてしまい、それが体臭を発生させる原因になってしまいますので、少しでもストレスを感じたら発散するようにしましょう。

ストレス解消法ショッピング

ストレスは些細なことでも感じてしまい、それが蓄積されると大きなストレスとなって体に悪影響を及ぼします。

影響受けた人は体臭が発生してしまうことがありますし、すでに体臭がある人はきつくなってしまうこともあります

しかし、ストレスを感じてもすぐに解消すれば体臭がきつくなることはないでしょう。

だから、ストレスを上手に解消すれば良いのですが、その上手に解消する方法が分からない人もいるでしょう。

そうした人は自分の趣味や好きなことなどで解消するのも良いですし、気分転換になるショッピングや旅行、運動や食べ歩きなども良い解消方法と言えます。

肝心なことはストレスを感じないことなので、少しでも気分が悪くなることや嫌な気持ちになった時は、すぐに他の方法に変えたほうが良いでしょう。

自分に合った解消方法を見つけるのは大変かもしれませんが、体臭の為だと思えば頑張れるのではないでしょうか

今現在、体臭で悩んでいる人で仕事や学校などでストレスを感じやすい人は、上手に解消する方法でストレスを無くし、体臭が無い気持ち良い日常生活を送っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です