肌を美白しきれいにしてくれるお酢の活用法

お酢が美肌ケアやダイエットに効果的であるという話は、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?
実際に、美容のために毎日お酢を飲むようにしている女性は多いです

お酢には、コラーゲンの元となる「アミノ酸」が豊富に含まれています。
そのため、お酢を摂取することでアミノ酸が体内に増加し、効率的にコラーゲンを生成できるようになります。

コラーゲンは肌にハリと潤いを与えるので、しわが目立たなくなりますし、さまざまな肌トラブルの原因となる乾燥を防ぐことにもつながります。

また、しみやくすみを防ぐ成分である「シスチン」も多く含まれています。
シスチンには、メラニンを取り除く働きがあるので、皮膚にメラニン色素が定着してしまうことを防いでしみやくすみを予防します。

さらに、お酢はビタミンCの吸収を高めてくれる効果もあるので、ビタミンCの働きもプラスされて効率的に美肌ケアをしていけます。
お酢には美肌成分がたっぷりと含まれているので、美肌を目指したいと考えている人は、毎日の食事にお酢を取り入れるようにしていきましょう。

料理にお酢を使用しても良いですし、毎日少しずつ飲むようにしてみても良いでしょう。

お酢には種類がある

お酢で美肌を目指していこうと思ったら、まずは美容に効果を発揮するお酢の種類を知っていきましょう。
スーパーに行けば簡単にお酢が手に入りますが、より美容に効果的なお酢を摂取していきたいと思っているなら、「もろみ酢」を選ぶことをおすすめします。

もろみ酢は、沖縄のお酒である泡盛を作るときに出た酒粕を原料として作られているお酢で、清涼飲料水に分類されています。
一般的なお酢のようにツンとした鼻につく臭いがないので、お酢独特の風味をあまり気にせずに飲んでいけるでしょう。
臭いはそれほどきつくなくても、クエン酸や必須アミノ酸などの美容成分は豊富に含まれています。

1日1杯~3杯ぐらいを目安に飲むと美容効果を得られるようなので、体調に合わせて無理せず飲み続けていくと良いでしょう。

ちなみに、お酢を原液で飲み続けていると、胃が荒れてしまうことがあります。
お酢を飲むときには、水で薄めるようにしましょう。

美容効果が高いと言われているのはもろみ酢ですが、ドラッグストアや通販サイトを見てみると、美肌ケアやダイエットのために作られたお酢を見つけることもできます。

もろみ酢以外に、酵素が含まれている「酵素酢」なども美容に効果があるので、気になるお酢があるなら試してみると良いかもしれません。
お酢の健康効果

お酢に美肌効果がある成分がたっぷりと含まれていることはわかりましたが、その他にも健康効果があることはご存知でしょうか?
お酢を続けて飲んでいくことで、便秘解消・冷え性改善・疲労回復・むくみ改善・ストレス解消など、さまざまな健康効果を期待することができます。

ダイエットを頑張っていても、便秘で体内に老廃物が溜まっていたり、冷え性で体の代謝が低下していると、思うように体重を落としていくことができません。

お酢に豊富に含まれているアミノ酸には、新陳代謝を活性化させる働きがあります。
血液をサラサラにして血流を良くする効果もあるので、血行促進にもなり、体の代謝が良くなっていきます。
便秘や冷え性を解消しながら、効率的に体重を落としていけるようになるでしょう。

また、お酢に含まれているクエン酸・酢酸・アミノ酸には、疲労を回復する効果があります。
同時に神経を沈める効果もあるので、ストレス解消と疲労回復を期待できるでしょう。

体重が中々減らないことで無理なダイエットをしてしまったり、ストレスや疲労を溜め込んだ生活を続けていると、肌にまで悪影響が出てしまいます。
お酢の力を借りて、健康的な生活を送れるようにしていきましょう。

肌に良い食べ物を選ぶことが大切!

美しい肌を維持するために重要なこと。

それは、肌に悪い食べ物を避ける事でしょう。

肌に良い食べ物を意識して食べることはもちろん、肌に悪い食べ物を避けることはとても大切です。

肌に悪い食品を取り込んでしまうと、それを処理する為に体がさまざまな働きをして美しい肌を作るのを妨害してしまいます。

では、どんな食品を避けるべきなのでしょうか?

まずは乳製品です。

乳製品は、体内のホルモンを刺激する力があるといわれています。

女性ホルモンも成長ホルモンの美しい肌を維持する為には欠かせません。
チーズや牛乳、ヨーグルトを避けた生活は難しいかもしれませんが、極力食べないようにしてみてはいかがでしょうか?

あくまで適度に避けるだけなので、ゼッタイに食べてはいけないという訳ではありません。

次に加工食品です。

加工食品といってもいろいろありますよね。
コンビニ等で気軽に購入できる加工食品は避けた方が良いでしょう。

なぜなら加工食品は、糖分も脂質も多く配合されています。
そして美容に欠かせないビタミンはほとんど含まれていないことが多いのです。

加工食品は肌だけではなく美容によくありません。
そのため、出来るだけ取らないようにしましょう。

脂っこいものが悪い、というのは有名ですよね。

肉類、揚げ物、ファーストフードは美肌の大敵です。

これらの食品は、ニキビの元となってしまうでしょう。
肌表面の油分が増えてしまいます。

この他にも添加物がたくさん含まれたものやコンビニ弁当、インスタント食品は肌には良くありません。

肌に悪い食品の多くは、健康にも良くないでしょう。

美肌の為にも、健康の為にも、和食中心、野菜や魚を中心とした食生活を行って見てはいかがでしょうか?

食生活を改善するだけでも、肌には大きな変化が訪れます。

シミができやすい部分はどこ?

肌表面に現れているシミは、肌の奥深くから出来ているシミです。

肌にはいくつかの層があります。
シミが濃ければ濃いほど、肌の奥の奥の方までシミが定着しているというサインとなります。

まず、シミの中でも一番初期段階のシミは、角質層にできたシミです。

角質層という言葉は聞いた事がある人も多いでしょう。
角質層に出来たシミは、肌表面がざらざらするのでとてもわかりやすいです。

また、シミの部分だけ角質が厚くなっている場合が多いでしょう。

この部分にメラニンが蓄積して、シミとなり沈着しているのです。

角質層のシミはレーザーで取り除くことが可能です。
また、入念にスキンケアをしても、少しずつ薄くすることができるでしょう。

次に、表皮に出来たシミです。
シミの中で一番多いのが、表皮のシミでしょう。

紫外線を受けて出来たシミは、角質層の下にある表皮にシミが出来ます。

表面はすべすべしているので、角質層のシミと違いがわかるでしょう。

表皮のシミは、美白スキンケアを使うことで少しずつ改善して行きます。

最後は表皮のシミです。

表皮は肌の奥深くのシミで、色もとても濃くなっています。

表皮のシミはスキンケアだけでの改善は難しく、レーザー治療をすることで徐々に緩和していくでしょう。

疲れからシミができる?

シミは紫外線の影響で発症するといわれています。

しかし実は、疲れていてもシミが出来易い状態になってしまうのです。
特に気を付けたいのが、肝臓の疲れです。

肝臓は睡眠不足やストレス、アルコールの過剰摂取により肝臓は疲れやすくなってしまいます。

肝臓が付かれているとターンオーバーが乱れ、血行も悪化し、しみが出来易くなってしまうでしょう。

特に重要なのが、夜中の1時から3時の間です。

肝臓はこの時間帯に最も働くといわれています。
この時間帯にアルコールの摂取をしていると、肝臓の疲れを取ることができずに疲れが蓄積してしまうでしょう。

アルコールだけではなく、油分や糖分の過剰摂取もいけません。

シミを作らない為にも、健康の為にも、肝臓を労わる生活を送るようにしましょう。