黒ずみがあると脱毛サロンで断られる?本当は・・・

 

日焼けや黒ずみがあると脱毛の施術を断られることがあるんです。

これは女性にとって常識ともいえるものなんですけど、色素沈着を理由に施術不可と判断されるケースがあるんですよね。

日焼けの場合でしたら、肌の色が落ち着いたら施術可能となることがほとんどです。

いっぽうの黒ずみは何もしないでいても、改善が困難な時は断られてしまいます。

これってショックですよね。

色素沈着があると脱毛できないの?

色素沈着があると脱毛できないというのは事実じゃないんです。

正しくは、色素沈着がひどいと脱毛施術が不可能なケースがある…ということなんです。

色素沈着のひどい部分に施術を施すと、肌トラブルを招くことがあります。

また、適切な脱毛効果が得られなかったりするんです。

断られるケースも

現在の脱毛は光脱毛とレーザー脱毛が主流です。

このどちらも特殊な光線をメラニンに反応させます。

それによって脱毛を行うんです。

簡単に仕組みを紹介すると、光脱毛やレーザー脱毛は共にメラニン色素に作用する光をムダ毛に当てます。

すると、熱エネルギーを発生させるんですよ。

そうなると、体毛の製造工場といえる毛根内の毛母細胞にダメージを与えることができるんです。

この方法のメリットは、メラニン色素がごく少ない肌に対してダメージを与えにくいという点にあります。

そして、肌が色素沈着を起こしている場合では、皮膚の中のメラニンに光の波長が作用します。

すると、脱毛効果が思うように出なかったりします。

さらに、色素沈着をしている肌に熱エネルギーが生じて火傷するトラブルが生じてしまうんです。

色素沈着が薄い場合でしたら、マシンの出力を弱めるなどで対処することが可能です。

しかし、色素沈着が濃く深い場合、出力調節のみでは対応できないケースがでてきてしまいます。

とはいっても、軽度の色素沈着であれば施術可能な場合もあります。

施術できないと判断した場合も、色素沈着を改善できればOKというケースがほとんどなんです。

色素沈着の程度は人によって異なります。

「色素沈着がある=脱毛不可」と諦めてしまう前に、まずは脱毛サロンでカウンセリングを受けることから始めましょう。

黒ずみが解消する可能性も

脱毛サロンに通うと黒ずみができるの?

脱毛サロンに通ったら脇が黒ずんでしまったという人もいるようです。

しかしこれは脱毛サロンで黒ずみができたというわけではありません。

脱毛したことによってムダ毛がなくなるので、それまで隠れていた黒ずみが目立ってしまうんですね。

それと、言いにくいのですが、脱毛後のデリケートな状態の肌をしっかりとケアしなかったことも原因です。

脇の剃り残し

そもそも脱毛の光というのは、美肌効果があるとされています。

肌ダメージを与えて、黒ずみを起こすものではないのです。

脱毛の施術は肌への刺激となるので、施術後はきちんとクールダウンしなくてはいけません。

保湿ケアを行うことが必要なんですね。

脱毛すると黒ずみが出来るのは、ケアを怠らなければ心配することはないんです。

黒ずみ解消が期待できる脱毛サロン

脱毛サロンで多く使用されているのがIPL脱毛です。

IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトという光を使った脱毛方法なんです。

このIPL脱毛の光というのは、脱毛効果だけでなく肌細胞の活性化にも効果があるとされています。

ですから、美肌ケアとしても有効であることがわかっているんですよ。

エステサロンでは、同じIPLによる光を使って、フォトフェイシャルやリフトアップの施術も行われているほどなんです。

肌に優しくて、低刺激ですから、既にできている黒ずみを悪化させてしまうこともないんですね。

ムダ毛をしっかりと脱毛して、尚且つ美肌ケアをも勧めることができるんです。