黒ずみがあると脱毛サロンで断られる?本当は・・・

 

日焼けや黒ずみがあると脱毛の施術を断られることがあるんです。

これは女性にとって常識ともいえるものなんですけど、色素沈着を理由に施術不可と判断されるケースがあるんですよね。

日焼けの場合でしたら、肌の色が落ち着いたら施術可能となることがほとんどです。

いっぽうの黒ずみは何もしないでいても、改善が困難な時は断られてしまいます。

これってショックですよね。

色素沈着があると脱毛できないの?

色素沈着があると脱毛できないというのは事実じゃないんです。

正しくは、色素沈着がひどいと脱毛施術が不可能なケースがある…ということなんです。

色素沈着のひどい部分に施術を施すと、肌トラブルを招くことがあります。

また、適切な脱毛効果が得られなかったりするんです。

断られるケースも

現在の脱毛は光脱毛とレーザー脱毛が主流です。

このどちらも特殊な光線をメラニンに反応させます。

それによって脱毛を行うんです。

簡単に仕組みを紹介すると、光脱毛やレーザー脱毛は共にメラニン色素に作用する光をムダ毛に当てます。

すると、熱エネルギーを発生させるんですよ。

そうなると、体毛の製造工場といえる毛根内の毛母細胞にダメージを与えることができるんです。

この方法のメリットは、メラニン色素がごく少ない肌に対してダメージを与えにくいという点にあります。

そして、肌が色素沈着を起こしている場合では、皮膚の中のメラニンに光の波長が作用します。

すると、脱毛効果が思うように出なかったりします。

さらに、色素沈着をしている肌に熱エネルギーが生じて火傷するトラブルが生じてしまうんです。

色素沈着が薄い場合でしたら、マシンの出力を弱めるなどで対処することが可能です。

しかし、色素沈着が濃く深い場合、出力調節のみでは対応できないケースがでてきてしまいます。

とはいっても、軽度の色素沈着であれば施術可能な場合もあります。

施術できないと判断した場合も、色素沈着を改善できればOKというケースがほとんどなんです。

色素沈着の程度は人によって異なります。

「色素沈着がある=脱毛不可」と諦めてしまう前に、まずは脱毛サロンでカウンセリングを受けることから始めましょう。

黒ずみが解消する可能性も

脱毛サロンに通うと黒ずみができるの?

脱毛サロンに通ったら脇が黒ずんでしまったという人もいるようです。

しかしこれは脱毛サロンで黒ずみができたというわけではありません。

脱毛したことによってムダ毛がなくなるので、それまで隠れていた黒ずみが目立ってしまうんですね。

それと、言いにくいのですが、脱毛後のデリケートな状態の肌をしっかりとケアしなかったことも原因です。

脇の剃り残し

そもそも脱毛の光というのは、美肌効果があるとされています。

肌ダメージを与えて、黒ずみを起こすものではないのです。

脱毛の施術は肌への刺激となるので、施術後はきちんとクールダウンしなくてはいけません。

保湿ケアを行うことが必要なんですね。

脱毛すると黒ずみが出来るのは、ケアを怠らなければ心配することはないんです。

黒ずみ解消が期待できる脱毛サロン

脱毛サロンで多く使用されているのがIPL脱毛です。

IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトという光を使った脱毛方法なんです。

このIPL脱毛の光というのは、脱毛効果だけでなく肌細胞の活性化にも効果があるとされています。

ですから、美肌ケアとしても有効であることがわかっているんですよ。

エステサロンでは、同じIPLによる光を使って、フォトフェイシャルやリフトアップの施術も行われているほどなんです。

肌に優しくて、低刺激ですから、既にできている黒ずみを悪化させてしまうこともないんですね。

ムダ毛をしっかりと脱毛して、尚且つ美肌ケアをも勧めることができるんです。

脇の黒ずみはピーリングできれいになる?悪化する可能性も!

ピーリングは、肌にそれなりのダメージがあるんです。

ピーリングって、わきの黒ずみが即効で改善しやすいので、癖になって何度も繰り返したくなるんですよね。

「ピーリングを使用した後、スキンケアが出来ていない…」

「ピーリングを毎日のようにしているけど…」

こんなことをしていると、初めは即効性を感じても最終的には脇の黒ずみが悪化してしまうんです。

それでも、ピーリングは使用頻度や使用方法さえしっかり守っていれば、脇の黒ずみの改善に有効なケアなんですよね。

ピーリングを行う頻度は、多くても週に1回くらいにしておくのが肝心です。

それに、週に1回義務的に実践しなくても、黒ずみが気になった時だけケアしても大丈夫なんです。

ピーリングをしたら、肌を冷却するなどしてダメージを落ち着かせましょう。

それから、十分に保湿ケアをするんです。

保湿ケアはピーリングの後だけではありません。

毎日入浴後に行うようにするとベストですよ。

ピーリングとは?

ピーリングは、シミやシワ・ニキビ、黒ずみなど、様々な肌トラブル対策として注目されるケア方法なんです。

「肌を新しくするのはわかるけど、実際どうやるの?」

「こすってアカを落とすのとは違うの?」

といったように、その内容については知らない人も多いんですよね。

誤ったピーリング法で、かえって肌トラブルになる人も少なくありません。

ピーリングはうまく使いこなすことで見違えるような効果を手に入れられるケアなんです。

作用が強いので、きちんとした使い方を知る必要がありますね。

ピーリングは、厚くなった角質を化学物質で融解・除去するケア方法なんです。

古い角質を取るため、化学的成分を使うので「ケミカルピーリング」とも呼ばれてるんですよね。

角質が溜まって遅くなった肌のターンオーバーを正常化します。

そうすることで、イキイキした肌へ導くことを目的としてるんです。

ちなみに英語の「Peel(peeling)」って、本来は「皮を剥くこと」って意味なんですよ。

黒ずみ解消にはピーリングよりも保湿が大切

保湿で脇の黒ずみがなくなる?

きちんと脇をスクラブやピーリングなどでお手入れをしているのに…

何だかかゆみもあるし反対に黒ずみが目立ってしまってるような…

これまでにそんな経験はなかったでしょうか。

脇の正しいお手入れ方法を知らずにムダ毛の自己処理ってやっぱり危険です。

自己流のケアをしている人は、脇が乾燥していないかもう一度チェックしたいですね。

意外と知られていないのですけど、美しい脇のためにも乾燥は大敵なんです。

そして「保湿」が必要不可欠ってことですね。

脇が乾燥すると黒ずみの原因になる?

乾燥したお肌というのは、主に角質層の水分量が低下するんです。

それで皮脂やセラミドなどの保湿成分が正しく機能していない状態になるんですね。

皮膚が固くなってしまって、ゴワゴワ、ざらざら…

そんな乾燥している状態の時って衣服や髪の毛など外部からの刺激を受けることだけでもお肌は痒くなるんです。

脇の場合、肌が乾燥したままの状態でカミソリや毛抜きでムダ毛処理を続けてしまったとします。

そうすると、余計乾燥やかゆみが悪化することになるんです。

かゆみによって脇の肌をかきむしると、その刺激はわきが黒ずむ原因となるんですね。

脇の乾燥による黒ずみについては保湿が大切です!

肌の乾燥→かゆみ→肌を掻く→黒ずみという負のサイクルを打ち破るためには、乾燥を抑えるため、しっかりとした保湿をすることが大切です。

特に肌が乾燥しやすいお風呂上がりやシャワーの後にきちんと保湿を行いましょう。

そうすることで肌トラブルの原因を予防できるんです。